042-701-1871
対応時間
平日 10時~17時00分
定休日
土・日・祝日

相続放棄ができないケース|失敗しないためのポイントとは?/井上雅彦法律事務所

井上雅彦法律事務所 > 相続 > 相続放棄ができないケース|失敗しないためのポイントとは?

相続放棄ができないケース|失敗しないためのポイントとは?

相続が発生し、被相続人の借金など負の財産が多い場合などでは、こうした財産を引き継がないために相続放棄を行うことがあります。

しかし、相続放棄は常にできるものではなく、一定の場合には相続放棄ができないこともあります。

そこで、本記事では相続放棄ができないケースや、意図せず相続放棄ができなくなることのないよう、失敗しないためのポイントについて解説します。

相続放棄ができないケースとは

以下のようなケースでは、相続放棄が認められないため、注意が必要です。

 

①単純承認が成立してしまったケース

単純承認とは、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も含めて全て相続するという意思表示のことをいいます。

この単純承認が成立してしまうと、相続放棄はできなくなってしまいます。

単純承認が成立するケースとしては、相続人が被相続人の財産を処分してしまった場合などが挙げられます。

この「財産の処分」に該当する行為としては、例えば相続財産を譲渡したり持ち帰ったケースや被相続人名義の預金口座を解約・払い戻しをした場合などが挙げられます。

 

②熟慮期間を経過してしまったケース

相続放棄には期間制限があり、相続人は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3カ月以内に相続放棄をする必要があります。

この3ヶ月の期間は熟慮期間と呼ばれており、民法上この期間内に相続放棄や限定承認をしなかった場合には、単純承認をしたものとみなされることとなっています。

そのため、相続開始したこと、つまり被相続人が死亡したことを認識しながら、何もしないで3ヶ月が経過してしまうと相続放棄ができなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

注意すべきポイント

では、単純承認したとみなされないようにするためにはどのような点に注意すべきなのでしょうか。

 

①被相続人の財産調査をしっかり行う

被相続人の財産を処分してしまうと単純承認したとみなされますが、どういった財産があるのか調査を行うこと自体は全く問題ありません。

相続放棄すべきかどうかを適切に判断するためにも、まずは相続人の財産の調査をしっかりと行うことが重要であるといえます。

 

②相続放棄は早めに行う

熟慮期間を経過してしまうと、原則としてそれ以降に相続放棄をすることはできません。

そのため、相続が起きた場合にはなるべく早い段階で専門家に相談などを行い、相続についてどのように対応するのか決め、放棄する際には早めに行動することが重要となります。

相続に関することは井上雅彦法律事務所にご相談ください

相続放棄は被相続人の負の財産を承継しなくて済みますが、期間制限などさまざまな制限があります。

相続放棄すべきかなどでお悩みの方は井上雅彦法律事務所にお気軽にご相談ください。

井上雅彦法律事務所が提供する基礎知識

  • 慰謝料(不貞行為など)

    離婚における「慰謝料」とは、婚姻生活中に精神的に苦痛を受けた場合、その精神的被害に対して支払われる損害賠償のことを指しま...

  • 離婚調停の流れ|調停委員...

    離婚をする際に、当事者同士での話し合いで決着を付ける協議離婚が成立しなかった場合には、離婚調停による解決を図るという手段...

  • 生前贈与のメリットと手続...

    生前贈与のメリットと、手続き方法についてご紹介いたします。 遺言書に不備があれば故人の希望を反映させることがで...

  • 離婚後の姓と戸籍

    対処しなければならない問題が山積している離婚問題の中で、ともすると注目されにくいのが「離婚後の氏と戸籍」に関する問題です...

  • 後遺障害等級とは

    ■後遺障害等級とは 後遺障害等級は、自賠責保険の支払いの際などに用いられるもので、後遺障害を傷害の種類・程度によって1か...

  • 人身事故

    ■人身事故 交通事故における人身事故とは、交通事故によって人が死亡または傷害を負った事故を言います。 人身事故の場合、具...

  • 住宅ローン

    離婚の際、決着のつかない争いにまで発展してしまうケースが多いのが「住宅ローン問題」です。 そもそも、住居も不動...

  • 症状固定のデメリット|後...

    交通事故によって重い怪我を負ってしまい治療を続けている方の中には、相手方の任意保険会社から症状固定を急がされている、ある...

  • 逸失利益とは?計算方法や...

    交通事故等で死亡した場合や後遺症が残った場合、その後の収入がすべてなくなってしまうことや長い期間得られないことになります...

  • ヤミ金被害

    「消費者金融で借入が出来なかったから、ついヤミ金に手を出してしまった。」原因は人によって様々ですが、ヤミ金から借金をして...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介 「 一期一会 」

井上弁護士の写真
代表弁護士
井上雅彦(いのうえ まさひこ)
ご挨拶

ひとつひとつの出会いを大切にし、皆様が抱えている問題に対し、法律的見地から、よりよい解決ができるよう力を尽くしております。

お気軽にご相談下さい。

略歴

昭和41年生まれ

東京大学法学部 卒業

平成12年10月 神奈川県弁護士会登録

平成12年10月 井上雅彦法律事務所開設

平成25年 9月 東京地方税理士会登録

取扱い民事事件
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺、遺言等)
  • 成年後見
  • 夫婦関係(離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与等)
  • 交通事故(物損、後遺症、死亡事故等)
  • 債務整理(任意整理、過払い請求、破産、個人再生等)
  • 不動産(家賃滞納、借地権等)
  • 医療過誤、契約書作成、契約書チェック
  • その他民事事件一般
沿革

平成12年10月 事務所を開設

平成17年6月 北口に事務所を移転

事務所概要

事務所紹介

当事務所は、小田急線相模大野駅徒歩1分の場所に位置しております。

ご来所される方は相模原市内を始め、町田市、小田急線沿線にお住まいの方など幅広い地域の方々から、ご相談、ご依頼をお受けしております。かつて依頼をお受けした方からのご紹介も多く、皆様より信頼をいただいております。最近の傾向としては、遺産分割、成年後見、交通事故、離婚等の事件の取扱いが増えております。

かかりつけのお医者様「ホームドクター」のように、法律のスペシャリスト「ホームローヤー」として皆様のお役に立つことができますようにと願っております 。

事務所名 井上雅彦法律事務所
代表者 弁護士 井上 雅彦
所在地 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-9 IL CIELO B・E号
アクセス 小田急線 相模大野駅 より徒歩1分
電話番号/FAX番号 042-701-1871 / 042-701-1813
営業時間 平日10:00-17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
相模大野駅の看板

ページトップへ