042-701-1871
対応時間
平日 10時~17時00分
定休日
土・日・祝日

離婚前に別居をするメリット・デメリット/井上雅彦法律事務所

井上雅彦法律事務所 > 離婚 > 離婚前に別居をするメリット・デメリット

離婚前に別居をするメリット・デメリット

別居は、離婚の手続きを進めていく上で重要な意味を持ちます。

 

別居していたという事実は、婚姻関係の破綻の重要な要素です。
法律上の離婚原因のうち婚姻関係の破綻は、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があるかどうかによって判断されますが、その判断を裁判所がする際には「別居」は大きなポイントとなります。しかし、だからといって別居をしていれば直ちに婚姻関係が破綻していると認められるわけではありません。家庭の事情は様々で、単身赴任などのように夫婦が事実上別々に暮らさなければならないような場合もあるので、別居をしていたとしても直ちに婚姻関係の破綻は認められるわけではないのです。
また、婚姻関係の破綻の有無は、年数のみならず別居の経緯や生活費の払い方など様々な要素をもとに判断されるため、単純に別居期間の年数で判断することは難しいです。

 

離婚するとなると、夫婦間で財産を分割することになりますが、別居が財産分割の基準時になります。
夫婦間で財産分与を行う場合それらの財産分与は原則として50:50となります。しかし、別居していれば夫婦として共同生活を営んでおらず、夫婦が助け合って共同で財産を築き上げていたわけではないので、それぞれが別居後に稼いだお金や築いた財産はそれぞれの単独所有ということになります。このように別居が開始された時を基準に財産分与の割合が決められます。ただし、これも夫婦間の実情を考えたうえでの最終的な決定となるため、一概に言うことはできません。

 

また、離婚すべきか悩んだ末、離婚しないで一旦距離置くというような場合は、その間にお互い気持ちが落ち着き、関係が修復できる可能性があるというメリットや、同居による精神的ストレスを軽減するというメリットがあります。

 

もっとも、別居のデメリットとして、別居は離婚を現実化するための一歩であると言うことの裏返しとして、実際に別居すれば相手の気持ちも離れる可能性が高くなります。相手の気持ちが離れた場合、後からやり直したいと思っても元に戻れない場合もあります。
また、とりあえず別居してお互いの頭を冷ますという程度のつもりであったとしても、前記の通り別居することで夫婦間の関係が冷めていき相手から離婚を請求されてしまうということも考えられるでしょう。

 

もし別居をするような場合は、以下の準備をすることをおすすめします。
・住む場所を確保する
・子供の養育費を確保する
・相手の浮気や DV の証拠を取っておく
・相手の収入や相手名義の財産を把握する。

 

井上雅彦法律事務所では、相模原市、町田市、横浜、厚木を中心に神奈川、東京、埼玉、静岡における、民事・家事に関する法律問題全般のご相談を承っております。離婚問題でお困りの際はお気軽に当事務所までご相談ください。

井上雅彦法律事務所が提供する基礎知識

  • 財産分与の対象になるもの...

    財産分与とは、離婚する際、配偶者の財産をお互いに分けることを指します。離婚時の財産分与は民法で認められており、退職金も財...

  • 賃金・残業代未払い

    給料・残業代が未払いの状態である場合には、いくつかの策を講じることで会社に対して未払い分の支払いを求めることができます。...

  • 面会交流を拒否したい方へ...

    離婚した場合、どちらか一方が親権者となり、親権を持つ方が子どもと生活し、養育していくことになります。そうなると、親権を持...

  • 単純承認・相続放棄・限定...

    単純承認・相続放棄・限定承認は、どの範囲において相続をするのか、しないのかが異なります。 ■単純承認単純承認と...

  • 不動産相続

    遺産相続にあたって、相続財産に土地や住宅等の不動産が含まれている場合、所有権を確定的に得るための手続きが必要となります。...

  • 養育費

    「養育費」とは、未成熟子が自立して生活するまでに必要となる費用を指します。主に、生活に必要な経費や、教育費、医療費など、...

  • 相続放棄ができないケース...

    相続が発生し、被相続人の借金など負の財産が多い場合などでは、こうした財産を引き継がないために相続放棄を行うことがあります...

  • ヤミ金被害

    「消費者金融で借入が出来なかったから、ついヤミ金に手を出してしまった。」原因は人によって様々ですが、ヤミ金から借金をして...

  • 離婚調停の流れ|調停委員...

    離婚をする際に、当事者同士での話し合いで決着を付ける協議離婚が成立しなかった場合には、離婚調停による解決を図るという手段...

  • 医療過誤

    「医療過誤」を理解するためには、まず「医療事故」について知っておく必要があります。医療事故とは、医療行為に関連して起きて...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介 「 一期一会 」

井上弁護士の写真
代表弁護士
井上雅彦(いのうえ まさひこ)
ご挨拶

ひとつひとつの出会いを大切にし、皆様が抱えている問題に対し、法律的見地から、よりよい解決ができるよう力を尽くしております。

お気軽にご相談下さい。

略歴

昭和41年生まれ

東京大学法学部 卒業

平成12年10月 神奈川県弁護士会登録

平成12年10月 井上雅彦法律事務所開設

平成25年 9月 東京地方税理士会登録

取扱い民事事件
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺、遺言等)
  • 成年後見
  • 夫婦関係(離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与等)
  • 交通事故(物損、後遺症、死亡事故等)
  • 債務整理(任意整理、過払い請求、破産、個人再生等)
  • 不動産(家賃滞納、借地権等)
  • 医療過誤、契約書作成、契約書チェック
  • その他民事事件一般
沿革

平成12年10月 事務所を開設

平成17年6月 北口に事務所を移転

事務所概要

事務所紹介

当事務所は、小田急線相模大野駅徒歩1分の場所に位置しております。

ご来所される方は相模原市内を始め、町田市、小田急線沿線にお住まいの方など幅広い地域の方々から、ご相談、ご依頼をお受けしております。かつて依頼をお受けした方からのご紹介も多く、皆様より信頼をいただいております。最近の傾向としては、遺産分割、成年後見、交通事故、離婚等の事件の取扱いが増えております。

かかりつけのお医者様「ホームドクター」のように、法律のスペシャリスト「ホームローヤー」として皆様のお役に立つことができますようにと願っております 。

事務所名 井上雅彦法律事務所
代表者 弁護士 井上 雅彦
所在地 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-9 IL CIELO B・E号
アクセス 小田急線 相模大野駅 より徒歩1分
電話番号/FAX番号 042-701-1871 / 042-701-1813
営業時間 平日10:00-17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
相模大野駅の看板

ページトップへ