042-701-1871
対応時間
平日 10時~17時00分
定休日
土・日・祝日

遺留分とは/井上雅彦法律事務所

井上雅彦法律事務所 > 相続 > 遺留分とは

遺留分とは

遺留分とは、兄弟姉妹以外の法定相続人に保障された相続財産の最低限度の割合をいいます。
自己の財産は、生前贈与や遺言によって原則自由に処分(=相続人に相続したり、団体に寄付したりする)することができますが、この遺留分制度により被相続人の財産の処分が一定程度制限されます。もっとも、遺留分を侵害する生前贈与や遺言は無効にならず、遺留分を侵害された者が相当額を請求できるにとどまります。この「遺留分を侵害された者が相当額を請求できる権利」のことを遺留分侵害額請求権といいます。

 

民法改正以前は遺留分侵害額請求という請求手段はなく、遺留分を侵害された者は、遺留分減殺請求を行う必要があり、その請求対象は遺留分侵害の遺言や贈与の対象となった財産そのものでした。
共有されている不動産を壊したり売却する際には、共有者全員の同意が必要です。そのため、遺留分減殺請求がされ、請求者に持分が認められた場合に、不動産運営等について争いが発生することが多々ありました。
しかし、遺留分減殺請求が遺留分侵害額請求へと変わり、請求の対象が金銭となったため、このような争いは遺産分割時の一回で解決を図ることができるようになりました。その一方で、請求者は不動産の共有持分を請求することや不動産の処分禁止の仮処分を行うことができなくなりました。
この新たな遺留分制度は2019年7月1日が施行日で、施行日以降に開始された相続が対象となります。したがって、遺留分を侵害する生前贈与が施行日前に行われていたとしても、相続の開始が施行日以降であれば改正民法の適用の対象となります。
時効については、「相続開始および遺留分侵害の遺言・遺贈があったことを知った日から1年以内」、除斥期間は「相続開始から10年間」となっています。

 

遺留分を計算する際の割合は、基本的に法定相続分の2分の1です。
具体的に計算すると、被相続人に配偶者と1人の子がいた場合、遺留分はそれぞれ、法定相続分である2分の1のさらに2分の1である、4分の1ということになります。
もっとも、例えば被相続人に配偶者と1人の弟がいた場合、兄弟姉妹に遺留分は認められないため、配偶者が相続財産の2分の1について遺留分を認められます。
また、被相続人に配偶者も子もおらず、親だけがいた場合には、親には相続財産の3分の1の遺留分が認められます。

 

井上雅彦法律事務所では、相模原市、町田市、横浜、厚木を中心に神奈川、東京、埼玉、静岡における、民事・家事に関する法律問題全般のご相談を承っております。相続問題でお困りの際はお気軽に当事務所までご相談ください。

井上雅彦法律事務所が提供する基礎知識

  • 逸失利益とは?計算方法や...

    交通事故等で死亡した場合や後遺症が残った場合、その後の収入がすべてなくなってしまうことや長い期間得られないことになります...

  • 株やFXで多額の借金がで...

    株やFXは、多額の利益を受けることができる反面、多額の借金を負う可能性も非常に高く、ハイリスクハイリターンであるといえま...

  • 医療過誤

    「医療過誤」を理解するためには、まず「医療事故」について知っておく必要があります。医療事故とは、医療行為に関連して起きて...

  • 後遺障害等級とは

    ■後遺障害等級とは 後遺障害等級は、自賠責保険の支払いの際などに用いられるもので、後遺障害を傷害の種類・程度によって1か...

  • ハラスメント(パワハラ・...

    職場でのハラスメントは、近年大きな問題となっています。その種類は大きく分けると以下の二つです。 ■セクハラセク...

  • 交通事故によるむちうちが...

    交通事故によってむちうちを受け、その症状が治らない場合どのような請求ができるでしょうか。むちうちは、交通事故で首に強い力...

  • 交通事故で骨折した場合の...

    交通事故の被害に遭ってしまった場合、加害者に対して、治療費などの実費はもちろんですが、不法行為に基づく慰謝料請求も行うこ...

  • 町田の債務整理は井上雅彦...

    債務整理とは、今ある借金を減らしたり、借入先を一本化したり、借金を免除してもらうための制度の利用や交渉のことをいいます。...

  • 賃金・残業代未払い

    給料・残業代が未払いの状態である場合には、いくつかの策を講じることで会社に対して未払い分の支払いを求めることができます。...

  • 財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が築き上げた財産を、離婚の際、それぞれの貢献度に応じて分配することを指す言葉です。「...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介 「 一期一会 」

井上弁護士の写真
代表弁護士
井上雅彦(いのうえ まさひこ)
ご挨拶

ひとつひとつの出会いを大切にし、皆様が抱えている問題に対し、法律的見地から、よりよい解決ができるよう力を尽くしております。

お気軽にご相談下さい。

略歴

昭和41年生まれ

東京大学法学部 卒業

平成12年10月 神奈川県弁護士会登録

平成12年10月 井上雅彦法律事務所開設

平成25年 9月 東京地方税理士会登録

取扱い民事事件
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺、遺言等)
  • 成年後見
  • 夫婦関係(離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与等)
  • 交通事故(物損、後遺症、死亡事故等)
  • 債務整理(任意整理、過払い請求、破産、個人再生等)
  • 不動産(家賃滞納、借地権等)
  • 医療過誤、契約書作成、契約書チェック
  • その他民事事件一般
沿革

平成12年10月 事務所を開設

平成17年6月 北口に事務所を移転

事務所概要

事務所紹介

当事務所は、小田急線相模大野駅徒歩1分の場所に位置しております。

ご来所される方は相模原市内を始め、町田市、小田急線沿線にお住まいの方など幅広い地域の方々から、ご相談、ご依頼をお受けしております。かつて依頼をお受けした方からのご紹介も多く、皆様より信頼をいただいております。最近の傾向としては、遺産分割、成年後見、交通事故、離婚等の事件の取扱いが増えております。

かかりつけのお医者様「ホームドクター」のように、法律のスペシャリスト「ホームローヤー」として皆様のお役に立つことができますようにと願っております 。

事務所名 井上雅彦法律事務所
代表者 弁護士 井上 雅彦
所在地 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-9 IL CIELO B・E号
アクセス 小田急線 相模大野駅 より徒歩1分
電話番号/FAX番号 042-701-1871 / 042-701-1813
営業時間 平日10:00-17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
相模大野駅の看板

ページトップへ